どろんこと太陽が大好きなならやまっこたちが毎日元気にすごしています!

育ち愛/子育て通信

【150号】 将 斗 と 共 に

 平成23年10月6日、予定日より3週間も早く突然の破水と11時間超の陣痛の末、元気に誕生しました。生後8ヵ月で企業内保育所へ入所。突然の発熱で何度呼び出されたか…。その度に"ご迷惑おかけしてすみません"と職場への決まりセリフ。子どもを育てながらの仕事は周囲に迷惑をかけることなのか、でも仕事は続けなきゃ…と自問自答の3年間を過ごしました。 
 平成28年4月、楢山保育園のぱんだ組の仲間入り。
大人でも環境の変化は大きなストレス。4歳の将斗はよく頑張ってくれました。毎朝泣きながらの登園を約1年程続けました。笑顔でバイバイしているお友だちを見ては、「なんで将斗は…」と悩んだり、苛立ちま
で感じてしまう日もありました。自分の力で、気持ちで、しっかりと乗り越えてほしいと思い、優しい言葉はかけませんでした。1年かけて、今では玄関先で自分の荷物を持って「ママ、バイバ|イ」と笑顔で出来るようになりまた。将斗の笑顔に励まされ、毎日元気に私も出勤します。みんなの前で「ギューってしない」と言われ、寂しさを感じつつ男の子の成長を強く感じているところです。この将斗の大きな成長は、親である私達よりも、毎日しっかり、保育・教育して下さる担任の野上先生はじめ、楢山保育園の先生方の暖かい対応があったからと強く感じています。本当に感謝しています。 
 これからも、将(ゆき)斗(と)と共にず〜っと一緒に、手は離しても心は離さず、親子共々成長していきたいと思っています。

佐 藤 美 穂  ぞう組・将斗

バックナンバーへ