どろんこと太陽が大好きなならやまっこたちが毎日元気にすごしています!

育ち愛/子育て通信

【158号】毎日、楽しく!

 平成23年9月14日、予定日より2週間程早く、2966グラムと標準で産まれた百音。私の体重が増えすぎて(笑)、「難産になるよ!」と検診の度に先生に怒られていましたが、無事安産でした。
 百音の顔を見た瞬間、嬉しすぎて涙がとまらなかったと同時に、産まれた直後の百音の顔があまりにも夫にそっくりすぎて、何度も瞬きしたことを覚えています。その瞬間から何となくどんな子になるのか目に浮かんでいましたが、私達夫婦の予想通り?いえ、予想以上の成長ぶりを発揮してくれた百音でした。
 とにかく毎日なにか一つ、百音には驚かされていますがオモチャの車に乗ったまま2階の階段から落ち、顔面強打した時には心臓が止まる思いをしました。鼻と口から出ている大量の血を見て、すぐさま救急へ。泣きやまない百音を見て私達夫婦も動揺…がしかし、診察室に入り座った途端、ピタッと泣きやみ笑顔になりました。「もしや、先生が若くてカッコイイから泣きやんだ?」と心の中で思ったりもしましたが、真相はわからず。この事は今だに忘れられない出来事ですが、他にもたくさんの百音事件が書ききれない程、日々の生活の中で起きています。
 そんな百音も、もうすぐ卒園。ぱんだ組の途中から楢山保育園でお世話になっておりますが、上の子の学校繋がりのお友達がいたおかげもあり、楢山での生活に慣れるのもそう時間はかからなかったようで、先生方を初め、たくさんのお友達に恵まれ毎日楽しく通っています。帰ってきてから、一日の保育園での出来事を聞き、百音の成長を毎日少しずつ感じています。
 これからも家族みんなで毎日楽しく過ごしながら、百音を見守っていきたいと思います。

葛 巻 真 実 ぞう組・百音

バックナンバーへ