どろんこと太陽が大好きなならやまっこたちが毎日元気にすごしています!

育ち愛/子育て通信

【168号】末っ子ナンバーワン!

2012年、野田内閣全盛期の頃、ママが大好きな嵐の二宮和也と同じ誕生日の6月17日に我が家のアイドル兼お笑い担当のまなちんはこの世に生を受けました。ママも第3子にもなるとベテラン。病院に到着後わずか20分で出産(笑)3人目で初めて「髪の毛が生えてる‼」が最初の感想でした。
 3人の中で一番早く立ち、一番早く話し始め、一番早くオムツが取れ、赤ちゃんの頃からほとんど手がかからず、大物の予感がする子でした。
 いつでも明るいまなちんは我が家のムードメーカー。求められると応えずにいられない芸人魂で、いつも笑いを与えてくれるまなちん。「これからおもしろいことするよ。」をむき出しにした顔で、保育園で覚えたことやテレビのマネなどをして、家族を笑わせてくれる反面、「女の子だぞ。大丈夫か。。。」と心配になることもしばしば。
 ですが、年長に近づくにつれ、姉の姫奈とおままごとや女子会ごっこ、お化粧のマネなどをし始めたまなちんを見て、夫婦そろって一安心。やっぱおんなの子なんだなぁと実感しています。
 そんなまなちんも3月で卒園。兄の悠真の時からお世話になった楢山保育園。
10年間の通園生活を思い返すと、ここに書ききれない程の思い出があります。園長先生始め、保育園のみなさんにはたくさん苦労をおかけしましたが、おかげで3人の子供はとても健やかに、たくましく成長することができました。
 遠足、夏祭り、運動会、お楽しみ会、当たり前だったいろんな行事もこれで終わりと思うととてもさみしいですが、保育園で学んだならやまっこ魂で、子供たちにはこれからもたくさんの成長を期待しています。
 10年という長い間、大変お世話になりました。

M.S   ぞう組 Mさん

バックナンバーへ